嫌われる勇気 アドラー心理学 まとめ3

こんにちは、スグルです。

こちらも前の記事の続きになります。

⓷人間が一人でいる事が出来ないのは共同体/コミュニティにいる必要があるから

ex)家族、学校、会社…………人はこういったグループに属していないと、疎外感を感じ、孤独だと思うようになります。

また、居場所がある事幸福の条件と考え、自分がグループの価値ある存在である事を感じるために人間が求めることは..

・承認欲求

前のページで話したように承認欲求を求めることは、

期待&評価を求め仲間はずれにされないように人の評価に怯えて生きることになります。

もう一つが、

・他者貢献

他者貢献→人に感謝されるための行動→ただの偽善?と思うかもしれません。

そうなんです。周りを敵と見て見返りを求めたらただの偽善になってしまいます…

しかし!周りを仲間と考え、仲間に何かできないかという他者貢献は、

幸福感👏👏💓

につながります! 

ex)チームスポーツで自分が頑張っているからと仲間にも強要し見返りを求めるのではなく、自分が頑張っているからチームに貢献できていると考える方が幸福に思える考え方です

人に貢献している=自分の価値の実感

と、アドラーは考え

人の手助けをして感じた気持ち幸せの答えになります

・幸せになる三原則

承認欲求を満たすための人生=不幸

⓶人生は競争ではなく他者は仲間

⓷仲間にどう貢献するかを行動基準にする

Appleのスティーブ・ジョブズは人からの承認は意味をなさない

と、言っています。これはアドラーの考えに当てはまります

以上、嫌われる勇気まとめでした!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年8月30日

    […] 3に続きます! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。