【学習効率大幅UP】苦手意識のなくしかた

こんにちは、スグルです

今回は学習効果を著しく落とす原因である【苦手意識】の消しかたについてまとめていきます!

誰にでも苦手な科目や分野があると思います。

それらに対して苦手意識を持つ事は、実は自分が思っている以上に学習の成果に影響を与えています!

 

昔からなぜか数学の成績が女性の方が悪いという報告がありました。

1998年から10年間以上かけて行われた学力テストで出た結果が、

女性は数学が苦手だ」との偏見を持った教師に教わった生徒ほど顕著に数学の成績が落ちていました

 

逆に、「自分は数学が得意だ!」と思って学習を進めていた学生は実際に数学が得意でなくても、より粘り強く数学に取り組む傾向があり、そうする事で数学の成績がアップします!

 

 

実際に能力が追いついていなくても、思い込みはモチベーションを大きく高めます!

 

 

苦手意識をなくすためには自分の考えをコントロールすることが大切で、苦手意識を完全に消す事は不可能でも悪影響を減らす事はできます!

 

方法は簡単!

 

・苦手な科目について自分が過去にうまくできた時の経験を口に出すか、紙に書き出してみる

 

シンプルな方法ながら効果は意外と高くこの手法を使ったほとんどの人は問題解決の能力が上がり、作業のモチベーションも大きく改善する事ができました!

 

学習で高い成績をあげている人はこうした地道な工夫を怠りません。苦手意識で自分の力を出し切れない人はこの方法を試してみてください!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

この記事が参考になった方は

最大50%お得になるクーポンも配布しているのでこの機会にぜひこちらの本も参考にしてみてください!

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。