【大幅アップ】記憶力増加術

こんにちは、スグルです

今回は新しい知識を入れた後に行うことで記憶の残り方が段違いな方法を紹介していきます!いまから紹介していく方法は科学的に証明されたものなんで、試してみる価値ありますよ!

まず、知識を脳に新しく入れるためには単に知識を溜め込むだけではダメなんです🙅‍♂️

大切なのは脳の使い方!

脳には、

緊張モードリラックスモード

 

と2つのタイプのモードがあります!

緊張モード
脳がとても集中していて、1つのことだけに意識が集中し必死に知識を頭に入れようとしている状態

 

リラックスモード
文字通り脳がリラックスしていて、勉強で新しく入れた知識を1つ1つ結びつけようとしている状態

 

学習成果を出すには脳の2つのモードを使い分けるのが鍵になってきます🔑

リラックスモードのおかげで溜め込んだ知識が結びついていき、より応用が利く知識になっていきます!

ここからは、このリラックスモードを最大限引き出していテクニックを紹介していきます!

 

1.昼寝をする

10分の昼寝でも脳は大きく回復します!

近年では、昼寝は学習効率を上げるテクニックとして使われており、Googleやナイキといった名だたる企業が昼寝を推奨しているのは有名な話です! 

  

 

2.インターリービング・スリープ

学習で知識を入れるためには睡眠は必ず必要で、睡眠時間を削ってまでする学習にはメリットはほとんどありません!

このインターリービングスリープとはフランスのリヨン大学が数ある睡眠法の中でも効果がある!と結論を出している睡眠法でやり方としては

  • 勉強を途中で切り上げる、そして寝る
  • 起きたら途中だった勉強を再開する

学習している間に睡眠を挟むという方法です!

リヨン大学の報告によればこの手法を使った学生は普通に勉強していた学生より、単語テストの成績が2倍に上がったそうです!

 

 

3.運動で記憶定着

脳のモードを切り替えるのに運動をするというテクニックがあります!

学習効率を高めるだけなら、激しい運動は必要なく勉強後たった5分で大丈夫です🏃‍♂️

5分の軽い運動でもい運動を取り入れない人より10パーセントは学習効率がアップします!

ここでより効率を上げるために使いたいテクニックとしては、

勉強前に10分の運動をすると脳機能は向上するので、勉強前10分で脳を万全な状態にし、勉強後5分で知識定着をはかります!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

 

今回は主に勉強後のテクニックを紹介しましたが、

学習効果を2倍にするテクニックや、科学的に証明されたやってはいけない勉強法についても書いているのでよかったら見ていってください!

クリック↓↓

科学的に証明されたやってはいけない勉強法とは!?

 

学習効果を2倍にするテクニックとは!?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。